スパイカメラ・小型カメラの激安通販ショップ

スパイカメラの機能説明

 スパイカメラの機能について、簡単ではありますが説明したいと思います。

スパイカメラの機能について

 当ショップの商品詳細ページには、それぞれのカメラにどんな機能があるかを表示しています。
 商品詳細ページを読んでいただけば、どんな機能なのかをご理解いただけるようにしてはいるつもりではありますが、中には単に「○○○機能付き」とだけしか記載していない場合もあるかと思いますので、それぞれの機能について少しご説明をいたします。

赤外線機能

赤外線撮影

 赤外線とは、赤い可視光線より波長が長く人の目では見ることができない波長の光です。人の目には見えませんが、赤外線機能付きのカメラは赤外線を照射することで全く光のない場所での撮影が可能です。
 赤外線を照射するライトを搭載し、赤外線での撮影が可能なカメラに「赤外線機能」や「赤外線撮影」などの表記をしています。
 赤外線は目に見えない光と書きましたが、スパイダーズXの赤外線機能付きのモデルには、可視光タイプの赤外線ライトを搭載しているモデルもあります。可視光タイプの場合はライトがうっすらと赤く光ります。可視光タイプの方が不可視タイプに比べて明るく、色合いが良いという特徴があります。一方、ライトが発光しますので、撮影中であることに気付かれる可能性があります。
 赤外線ライトが不可視タイプか可視光タイプかも商品詳細ページに表記してありますので、ご確認ください。
 小型スパイカメラの赤外線ライトの照射距離は1~2メートル程度のものが多く、真っ暗闇で遠くのものを撮影したい場合には適さないものがほとんどですので、ライトの照射距離も必ずご確認ください。
 また、赤外線で撮影した映像はモノクロになります。

暗視補正機能

暗視補正

 暗視補正機能とは、わずかな光しかない薄暗い場所で撮影した場合に、画像の明るさ(露出)を自動的に補正して明るく見せる機能です。
 わずかな光を補正するのですから、全く光源がないところでは撮影できません。暗視補正機能付きカメラの最低被写体照度は1Lux(ルクス)のものが多いです。
 全く光源のない場所で撮影する場合は、赤外線機能付きのカメラをお使いください。

外部電源機能

 スパイカメラの多くは充電式のバッテリーで稼動します。電池が切れてしまうと撮影ができず、撮影するためにはバッテリーを充電しなければなりません。
 しかしこの外部電源機能付きのカメラは、ACアダプターやポータブルバッテリーに接続することで外部から電源を供給しながら撮影することができます。
 バッテリー稼働時間以上の長時間連続撮影が可能になるうえ、電池切れの場合でも充電を待たずに撮影が開始できるというメリットがあります。

動体検知機能

 動体検知機能はカメラの範囲内で何かが動いているときや明るさが変化している間だけ録画する機能です。
 カメラを定点固定して長時間の監視をしたい場合、この機能がないと記録するメモリーが足りなくなる可能性もありますし、異常があったかどうか等を確認する際に非常に時間がかかることになります。
 動体検知機能を使うことでメモリー容量の節約にもなりますし、後からのチェックも楽になります。

音感検知機能

 動体検知機能が動きを検知して録画を開始するのに対して、音を検知して録画を開始するのが音感検知機能です。
 動体検知同様、メモリー容量の節約と撮影後の確認が楽になるというメリットがあります。
 音に反応しますから、カメラの画角外で変化があった場合も録画します。アングル外で異常があった場合も音声は記録できるという点が動体検知との違いです。
 音感検知と動体検知の両方の機能を持つモデルもあります。

繰り返し録画機能

 繰り返し録画機能とは、メモリー容量がいっぱいになった際に、古いファイルから上書きして録画を継続するという機能です。
 外部電源機能と併用することで長時間の録画が可能になります。
 当然ですが、上書きされた映像は消えてしまい見ることができなくなりますので、重要なものはパソコン等にコピーして別途保存しておく必要があります。

オート録画機能

 カメラの電源を入れると自動的に録画を開始する機能です。電源を切った状態からボタンを一度操作するだけでスピーディーに録画を開始できます。

ボイスレコーダー機能

 ボイスレコーダーとして音声だけの記録ができる機能です。音のみで映像が必要ない場合に便利です。

バイブレーション機能

 スパイカメラは撮影・録画をしていることを悟られない様にという目的があるため、録画中のステータスランプ等が分かりにくくなっていたり、全くないというものがほとんどです。そのため、ボタン操作をしてもちゃんと録画が始まっているかどうかなど、各操作が正常にできたかが分かり難いといえます。
 バイブレーション機能は振動することで、カメラが操作を正しく受け付けたかをお知らせする機能です。

遠隔操作機能

 遠隔操作とは離れたところから操作するという意味ですが、スパイダーズXシリーズで単に遠隔操作機能と表記する場合はリモコンによる遠隔操作機能になります。
 外出先からスマートフォンやパソコンで遠隔モニタリングができるのは後述のWiFi機能・無線LAN機能の付いたモデルのみですのでご注意ください。

外部カメラ機能・WEBカメラ機能

 カメラをパソコンと接続することで、外部カメラ・WEBカメラとして使用できる機能です。
 Windowsのムービーメーカーなどで直接パソコンに録画したり、Skype等のビデオチャットに使用したりできます。

WiFi機能・無線LAN機能

 無線でネットワーク接続し、ネットワークカメラとして使用できる機能です。
 自宅やオフィスに設置したカメラの映像を、外出先などの離れた場所からスマートフォンやパソコンで見ることができます。
 この機能を利用するにはカメラ設置場所に、無線LANルーター、パソコン、インターネット接続環境が必要です。

コンポジット端子とHDMI端子

外部出力機能・AV出力機能

 コンポジット接続またはHDMI接続で、カメラから直接テレビやモニターに画像を出力できる機能です。
 当然ですが、出力したいTVなどにコンポジット入力端子またはHDMI入力端子が必要になります。
 外部出力機能があるカメラでも、記録した動画を直接再生できるものとできないものがありますので、商品詳細ページでご確認ください。

即時再生機能

 記録した映像や音声をカメラに搭載した液晶モニターやスピーカーで再生できる機能です。
 不必要なファイルを削除することが可能なモデルもあります。

音楽再生機能

 メモリーに保存した音楽ファイルを再生できる機能です。
普段はMP3プレーヤーとして持ち歩き、いざというときはカメラとして使うということが可能です。

カスタム設定機能

 専用の設定ソフトをインストールしたパソコンと接続することで、動画サイズや画質等を詳細に設定できる機能です。
 専用ソフトはスパイダーズXの公式サポートページからダウンロードできます。

充電器機能・バッテリーチャージ機能

 カメラの内蔵バッテリーで、スマートフォン・携帯電話・携帯ゲーム機などの外部機器を充電できる機能です。
 充電器型カメラにはほとんどこの機能が付いています。
 外部機器への充電とカメラの動作用のバッテリーは共用ですので、外部機器に充電すると撮影時間が短くなりますので注意が必要です。

ページトップへ