スパイカメラ・小型カメラの激安通販ショップ

用語解説

スパイカメラに関する用語の解説

 スパイカメラのスペックなどで出てくる用語について簡単に解説いたします。

画像サイズ

 パソコン等で表示される画像は小さな点が集まって表示されています。画像の最小単位であるこの点を「画素」または「ピクセル」と呼びます。
 一般的に画像サイズ(解像度という場合もあります)を、画素が横・縦にいくつずつあるかで表示します。例えば「1280×720px(ピクセル)」という画像は、横に1280個、縦に720個の点(画素)を並べて表現しているということです。
 デジカメ等のスペックで「1200万画素」とか「12M(メガ)ピクセル」などと表記されているものがあります。当店の商品ページでも同様の表記があるのですが、これは先ほどの「○○○×○○○px」の掛け合わせた数値をおおよその値で表しています。
 1280×960pxであれば、1280×960=1,228,800、約120万ということで、「120万画素」または「1.2M(メガ)ピクセル」となり、4032×3024pxなら12,192,768で「1200万画素」「12(メガ)ピクセル」となります。
 基本的には画像サイズ(解像度)が大きいほど細密で高画質ということになりますが、その分データも大きくなります。

ハイビジョン・HD

 ビデオなど動画の画質を表す言葉で、「ハイビジョン」も「HD(high definitionの略)」も一般的には同じ意味として使われています。
 垂直方向(縦方向)の有効走査線数が720本以上で、アスペクト比(横:縦の比)が16:9の画質のものをハイビジョンと呼び、高精細で高画質な動画ということです。
 ハイビジョンには「1080i」「720p」「1080p」の3種類があり、「1080p」は「フルハイビジョン」や「フルHD」と呼ばれることが多いです。
 当店の商品スペックでは「720p」をハイビジョン(HD)、「1080p」をフルハイビジョン(フルHD)と表記しています。
 ハイビジョン解像度比較  どのくらい高画質なのかを画像サイズで比較してみると図のようになります。
 720p(ハイビジョン)は1280×720px、1080p(フルハイビジョン)は1920×1080pxになります。比較しているのは「SD画質(Standard Definitionの略、標準画質)」、以前のアナログテレビの画質で640×480pxです。
 DVDの解像度が720×480px(ワイドのSD画質)、ブルーレイの解像度が1920×1080px(フルハイビジョン)なので、こちらでも画質の違いをイメージしていただけるかと思います。

フレームレート

 動画は静止画を連続して切り替えることで動いているように見せています。パラパラ漫画と同じです。
 フレームレートとは、単位時間あたりに何枚の静止画を切り替える処理をしているかということで、一般的には1秒あたりの数値で表します。
 単位時間が1秒の際の単位は「FPS(frames per secondの略)」で、当店でもフレームレートはFPSで表記しています。  30FPSであれば1秒あたり30枚、60FPSであれば1秒あたり60枚の静止画を切り替えているということです。ちなみに映画のフレームレートは24FPSです。
 フレームレートが大きいほど動きが滑らかになり、早い動きもきれいになります。一方、データ量が大きくなるために、同じ解像度の動画を同じメモリー容量で録画する場合は、フレームレートが大きい方が録画できる時間が短くなります。

H.264圧縮方式

 動画の圧縮方式(コーデック)のひとつで、ビデオCDに使われていたMPEG-1やDVDビデオに使われているMPEG-2に比べて、圧縮率が高いが画質の劣化が少ないという特徴があります。AVCと呼ぶこともあります。ブルーレイやワンセグ放送などに採用されています。
 H.264圧縮は、MPEG-2圧縮に比べて、ファイルサイズを1/2~1/3まで小さくすることができます。
 H.264圧縮方式を採用したカメラなら、同じメモリー容量でも画質を落とさずに長時間の録画が可能で、ファイルサイズが同じならより高画質な記録ができるということになります。

ファイルフォーマット・ファイル形式

 ファイルを保存する形式のことで、静止画では「JPEG」「GIF」「PING」、動画では「AVI」「MP4」「WMV」などが良く使われています。
 静止画の場合はファイルフォーマットで圧縮方式(コーデック)が決まっているのであまり問題になりませんが、動画の場合は同じファイル形式でも違うコーデックが使われている場合があります。例えばAVIフォーマットは、動画ではH.264・MPEG-2・MPEG-4など、音声ではMP3・AACなど様々なコーデックが使えるので、同じAVIファイルでも再生できるものとできないものが出てくる場合があります。ファイルフォーマットとコーデックについては非常に複雑なので詳しい説明はいたしませんが、興味のある方は調べてみてください。
 それでは以下、代表的なファイルフォーマットについて説明いたします。

JPEG

 静止画像ファイルの圧縮フォーマットで、ファイルの拡張子は「.jpg」になります。フルカラー(1,677万色)に対応した形式で、写真などに広く利用されています。
 デジタルカメラの多くが画像の保存形式として利用しており、スパイカメラも静止画はほとんどこのJPEG形式で保存されます。

AVI

 動画の保存形式(コンテナフォーマット)で「Audio Video Interleave」の略です。Windows標準の形式で、拡張子は「.avi」です。
 複数のコーデックに対応しているため、圧縮に使用されたコーデックがコンピューターに入っていないと再生ができなかったり、音がしなかったりする場合があります。

MOV

 Apple社のQuickTime標準の動画フォーマットで、拡張子は「.mov」になります。
 「Windows Media Player」はMOVファイルに対応していないため、「QuickTime Player」をインストールするなどの方法で対応する必要があります。

MP4

 MPEG-4で規定されている動画コンテナフォーマットで、音声のみを格納することもできます。共通の拡張子は「.mp4」ですが、音声ファイルでは「.m4a」動画ファイルでは「.m4v」とすることが多いです。
 AppleのQuickTimeフォーマット(MOV)をベースに開発されており、Apple社製品ではよく利用されています。

FLV

 Adobe Flashが標準で対応している動画のファイル形式で、拡張子は「.flv」です。「Flash Video」とも呼ばれます。
 Flash Playerを組み込んだインターネットブラウザであれば、メディアプレーヤーやコーデックを必要とせず再生可能なため、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで利用されています。

WMV

 MicrosoftがMPEG-4をベースに開発した動画のコーデックで、「Windows Media Video」の略です。Windows標準の「Windows Media Player」が標準でサポートしているため、Windowsユーザーであれば確実に再生可能です。
 AVIの後継にあたるコンテナフォーマットである「ASF(Advanced Systems Format)」にWMVコーデックで圧縮した動画を収納したファイルを一般的にWMVファイルと呼び、拡張子は「.wmv」になります。

メディアプレーヤー

 パソコンで動画や音声ファイルを再生するためのソフトをメディアプレーヤーといいます。Windows標準の「Windows Media Player」やAppleの「QuickTime Player」が有名です。
 しかし、OS標準のメディアプレーヤーでは再生できないファイルがあるため、ファイル形式の変換や別途コーデックを導入するなど、PC上級者でないと難しい対処が必要になってきます。
 スパイカメラで記録した動画が再生できないなどの場合は、数多くの動画形式・コーデックに対応し、インストールするだけでほとんどの動画ファイルの再生が可能な無料のマルチメディアプレーヤー「GOM Player」をおすすめします。

ページトップへ